50代の転職術を公開しています。

(1)「事務職でなければ働けない」という気持ちを捨てよう

 

少し前までは50代以上の転職は大変でしたが、今は未曽有の人手不足ということもあって、業種によって中高年に対するニーズは増え続けています。転職市場全体がいまだかつて無いほどの活況ぶりで、中高年が毎日熱心に仕事を探し、希望の会社に入社を決めています。
有効求人倍率をみると、相変わらず事務職は人気ですが、あとの職種は売り手市場に転じていることから、“事務職でなければ働けない”という人以外は別の職種を考えるとチャンスが広がります。
例えば・・・「マンション管理人」の資格を取得していれば、そういう仕事に採用される可能性が高くなるでしょう。採用面接を考えたときに、何の知識も経験もない人よりは、資格の勉強をした人のほうがやる気が伝わりやすいです。実務上も役に立つことは間違いありません。

 

(2)50代以上の転職サイトの徹底利用法

ほとんどの50代以上の転職希望者は、仕事を探す時にはハローワークに通いつめています。毎日朝一番でやってきて、熱心に検索している無数の男女の姿を見かけたことがあるでしょう。
ハローワークを活用するのと同時に、転職サイトにも登録することをお勧めします。
3社以上の転職サイトに登録をして、エントリーシートなどをなるべく詳細に記入して、求人情報メールなども毎日受信できるようにしましょう。中高年の求職者はインターネットの情報を徹底活用している人はそれほど多くないですから、ライバルに差をつけることができます。

 

(3)おわりに

転職をするに当たって、最優先することは何か?という点についてよくよく考えてリストアップしてみましょう。ただ単に「収入アップ」というのではなく、「最低でも毎月○万円以上の収入アップ」のために働く必要がある!という風に、自分が譲れない条件をクリアーにしている50代のほうが、自分に合った仕事に出会いやすくなります。
収入、勤務地、仕事内容、資格、やりがい、人間関係・・・など同じ50代でも優先したい条件は異なるはずです。
「どうしても○○県内で働きたい」ではなく「転勤可」で転職サイトで検索すれば、応募できる会社の数は数倍に増えます。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
転職成功ノウハウが満載!スカウトメール機能など便利なサービスも多数掲載