50代が転職したら覚えておきたい途中入社の心

与えられた業務には全力で取り組もう!〜「奉仕精神」が大事

 

 転職できたことに感謝の気持ちを持ち、“こんな自分でも会社に貢献できることならなんでもやらせていただきます!”という“奉仕精神”が大事です。

 

 入社してから半年〜1年間は社内の注目の的です。与えられた業務は喜んで引き受けて、全力を尽くしましょう。自分から積極的に挨拶するとよいでしょう。

 

前職の話は聞かれても「しない」ほうが無難

 

 50代になるとどうしても“昔はよかった”ではないけれど、新しい環境や新しい仕事のやり方にそのまま馴染むことが難しい人がいます。

 

 しかし郷に入れば郷に従えという格言のとおり、昔のことは全部さっぱり忘れて、新しい環境に同化するくらいの気持ちで努力をしたほうがよいでしょう。前職のことは聞かれてもしないほうがよいでしょう。

 

社外になんでも相談できる人をつくろう

 

 入社してからはとにかく疲れを感じたりストレスをため込むようなことも増えるでしょう。上手なストレス発散を心がけたいところです。

 

 定期的に自分の話を聞いてくれるカウンセリングのような場に通うのも一案でしょう。愚痴や悩みを社内でこぼすわけにはいかないので気をつけましょう。

 

 

 

【関連記事】