天職を得るための転職活動のノウハウ

自分というキャラクターを醸し出す

 転職活動で採用担当者と対面する時、マニュアル通りの転職方法に囚われず、採用担当者に印象が良くなるように自分のキャラクターを押し出す事が重要です。面接や面談に関しては、最近の傾向として独創的な人ほど好印象を受ける場合が多いです。独創的な人は、仕事でも幅を広げられる傾向なので、自分をいう商品を魅力的に売り込む姿勢が重要です。自分の面白い所や魅力のある所などを仕事の経験と絡み合わせて、アピールする事で他の人との差をつける事が出来ます。

 

予想外の質問でも慌てず対応する

 面接の前にはしっかり準備を行って、じっくりと腰を据えて望む事が基本です。しかし、面接官はビジネスの現場で、対応力を見るために予想外の質問を投げかける事もあります。基本的には応募者の本質を見極めたいことを念頭において、予想もしない質問を行う場合が多いです。突拍子である質問のために思うように答えが出ない場合もありますが、全力で対応する姿勢を見せます。

 

面接はお見合いのようなものである

 集団面接においては、応募者の全員に同じ質問を投げかける事が原則です。質問に対する答えの内容で採否を決めて行く事が基本ですが、頷ける答えであるからと言って採用に繋がるとは限らないです。不採用になった時はご縁が無かったと思って、お見合いと同じ感覚で全力で転職活動を行っていくことが大切です。より相応しい所があるという意識を持って、転職先を探して行きます。