転職活動前から、行動計画は立てておきましょう

転職活動前に準備することとは、どんなことでしょう?

 転職というのは、誰しも人生にとって大きな転機となります。前職または現職の退職を考える際、人間関係や仕事内容、年収面での不満、職場環境の問題などを理由として挙げる方は多いようですが、一過性の悩みであれば冷静に考えるのも有効でしょうし、転職することで新たな問題が生じるようであれば、思いとどまってもよいでしょう。

 

 しかし、転職の意思が固いというのであれば、具体的に転職への行動に踏み切るために、具体的なスケジュールを立てましょう。

 

転職スケジュールにはこのような項目があります

 まずは全体を通した行動計画を立てます。次に自分の棚卸しを行ない、強みや適性をはっきりさせます。将来行ないたいことも合わせて考えた上で、情報収集と会社研究を進めていきます。そして企業への問い合わせを行ない、応募書類を作成していきます。このとき、初めて転職される方は、職務経歴書等の作成に時間がかかるかと思われますので、多少大目に制作時間を予定しておいた方が得策かもしれません。

 

 そしてその後、面接を受け、うまくいけば内定通知を受けるといった流れになります。内定をもらった後は現職場に対し、退職の意思表示をし、退職願を提出します。現職場の退職手続き、次に勤める会社の入社手続きを行ない、保険、年金、税金等の手続きも行ない、これでようやく次の会社へ入社となります。余裕をもって転職活動を行う場合、3か月程度はかかりますので、そうしたゴール設定でまずはスケジュールを立ててください。頑張ってください。