転職サイトとエージェントを併用する

 転職する手段としてポピュラーなのは、転職サイトに登録する方法と、転職エージェントから企業を紹介してもらう方法の2つです。転職すると決まったら、この2つの方法を併用するのが次の仕事を見つける最短の道につながりますが、一つ気を付けておきたいのは、転職サイトとエージェントでは、”時差”があることです。転職サイトは掲載されている求人広告に応募して、書類選考通過を待ち、面接へと進む流れになっていますが、求人の掲載期間は1か月程度と長く、選考期間も時間がかかります。そのため、応募から採用が決まるまで1,2か月かかるのが当たり前です。

 

 一方の転職エージェントは、エージェントのコンサルタントと面談をしたらすぐに企業を紹介され、早ければ即日、企業の人事担当者らによる書類選考が行われます。そして、面接もとんとん拍子に進むケースが多く、応募から2週間程度で採用が決まったという人も少なくありません。こうした両社の時間差を考慮しないと、転職サイトで本命企業に応募している間にエージェント経由で別の企業の採用が決まってしまう、といった状況に置かれてしまいます。

 

 できれば、転職サイトへの登録は、在職中に転職を決心したタイミングで行い、面接が退職より前、もしくは、退職直後になるようなスケジュールで転職活動をすることをお勧めします。