50代の転職を叶える5つのSTEP

 50代だと、転職に関してはラストチャンスかもしれません。時間をかけずに失敗ではない転職をしたいと思っているはず。そうした満足・納得のいく転職にするにはどうしたらいいのか?という疑問について、その答えのヒントになるようなことを幾つか並べてみたいと思います。

 

転職準備で欠かせないもの

 

 時間はかけたくないけど、準備には時間をかけましょう。特に過去を振り返る作業は必須。これを適当にすると、未来まで見えなくなります。時間をかけたくないなら、その許された時間をどう有効に使うかの計画もしっかりと立てておくことです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

複数の求人情報を確保しておくこと

 

 転職はラストチャンスでも、応募のチャンスは何回もあります。ひとつの企業に絞ることなく、複数の求人情報に焦点を当てましょう。ひとつがダメならすぐ次に移る。これも時間をあまりかけずに転職を完了させるために必要な考え方です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

応募書類に書きたい意味のある事柄

 

 転職で失敗してしまう人は、この応募書類でミスをすることが多い。自分の考える長所と、企業が欲しい人の特徴が一致するとは限りません。履歴書や職務経歴書を書く時には、企業が欲しい人の特徴で、且つ自分にも当てはまることを記載しなければ意味がないのです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

面接で意識すべき言動や態度

 

 嘘、矛盾、上から目線。面接ではこうした言動や態度は御法度。応募書類と照らし合わせて面接は進められていきますから、それとの整合性も保っておきましょう。口から出る言葉に説得力と信憑性があることも重要です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

退職は必ず円満退職にすること

 

 退職の失敗は、すなわち転職の失敗でもあります。退職できなければ転職できないわけですから当然です。満足・納得のいく転職をしている人は、みな円満退職を経験。お世話になった会社だからこそ敬意を払いながら、また、今後の自分のためにも円満退職にしておかなければなりません。

 

 

【参考記事】